フェイスブックの各サービスを使い分ける為に知っておくこと!

フェイスブックは、目的に応じて3種類のサーピスを使い分けることができます。フェイスブックをわかりにくいものにしている最大の要因は、フェイスブックという1つのサービスの中に、運営方法がまったく異なる3つのサービスが存在しているからです。
1つ目は、「個人プロフィールページ」です。これは実在する(本名)個人が必ず登録をしなければいけません。名前、生年月日、出身地、出身校などのプロフィールを登録していきます。
2つ目は、企業や個人事業主がビジネス用に運用する「フェイスブックぺージ」です。両者は機能も役割も人とのつながりかたには明確な違いがあります。両者を混同して運営してしまうので、フェイスブックの利用を難しく感じる方も多いのです。
3つ目は、メーリングリストのように運用できる「グループ」機能です。一般公開も特定ユーザーへの限定公開もできます。

【裏活用術_Little】
 個人プロフィールページとフェイスブックページのカバー写真を別のものにするなど、自分自身で混乱を避けましょう。
フェイスブックのアカウントを作成する前に、まずは「個人プロフィールページ」「フェイスブックぺージ」「グループ」の違いを認識しつつ、これ以外にもある重要なぺージの役割やツールの機能を把握しておきましょう。

【まとめ】
『個人プロフィールページの使い分け』
★ Facebook内の情報発信と情報収集
★ 個人や企業のブランデイング

『フェイスブックページの使い分け』
★ 商品やサービスそのもののフロモーシヨン
★ 商品やサービスの販売ぺージ

『グループの使い分け』
★ 企業内のチームや学校のクラスなどのネットワーク
★ 会員制ビジネス
の様にフェイスブックの各サービスを使い分けできるのです。

 

businessマーケッター KAZUのfacebookページ

ビジネス即効薬 《 facebook 》 超活用術

 

businessマーケッター KAZUのfacebookグループページ

参加型 how-to(ハウツー)  ビジネス即効薬 facebook  超活用術

 

businessマーケッター KAZUの話題のブログ
ビジネス即効薬《facebook》  裏活用術